保湿をして生理前の肌荒れを防ぐ

生理前はホルモンの影響で体温が低くなり、血行不良で乾燥しやすくなっています。乾燥すると古い角質が蓄積してニキビ、くすみなどのトラブルにつながります。

生理前の肌荒れを予防するには保湿が大切です。生理前の肌荒れを予防するために、普段から保湿を重視したケアをしています。

生理前は肌が敏感になっているので、新しい化粧品は使いません。新しい化粧品のどんな成分が肌荒れを起こすかわからないからです。普段使い慣れている保湿化粧品でケアしています。(参考:クラブホルモンクリーム 使い方

私の肌に合っているのはセラミドです。もともと肌に存在する保湿成分ですが、年齢を重ねるとともに減少するので、化粧品で補って乾燥を防ぎます。セラミド配合の化粧水をたっぷりつけると肌がもっちりします。普段からしっかり保湿しておくと、生理前になってもしっとり肌が維持されて肌荒れが起こりにくいです。

生理前の肌荒れが起きても、しっかり保湿を続ければひどくはなりません。慌てずにいつも使っている化粧品で対処しています。

新しい化粧品を試したいときは、生理が終わってからにしています。生理が終わってから試して何でもなければ、生理前に使っても肌荒れが起こりませんでした。

生理前の肌荒れの原因と対策

生理前の肌荒れに悩まされる女性は多いようです。女性のサイクルのうち、排卵後の黄体期は、プロゲステロンの働きから、様々な不調が起こりやすいとされています。

体が重い、眠い、下腹部痛、頭痛や吐き気などの症状が出やすいとされており、月経前症候群やPMSなどと呼ばれています。

生理前のプロゲステロン優位の状態は、身体もむくみやすく、太りやすい時期ですし、お肌も脂っぽくなりやすいため、生理前のニキビができやすいと言われています。

又、肌荒れも起こしやすく、それらはホルモンバランスによるところが大きいとされています。そのような方向けに、肌サイクルに着目したスキンケアラインも販売されています。

生理直後の肌は調子が良いのに比較して、生理前はどうしても肌荒れしやすいため、新しい化粧品を試すときには、肌の調子が安定している卵胞期にするのが良いと言われています。

生理前は、ニキビだけではなく、肌が敏感になっているため、アレルギーなどを起こしやすいためです。生理前はストレスをためすぎないよう無理をせず、ゆったりと過ごすと良いでしょう。

頭皮ニキビは脂があるから?

長年の頭皮ニキビが悩みでしたが、最近発想の転換をして対処してみたら頭皮ニキビが改善されてきました。

自分は脂性肌だと思い込んでいませんか。私もそうでした。

だから、頭皮ニキビに悩んだ私は、頭皮のアブラを取り去ることにやっきになって、スカルプシャンプーなどのスッキリ爽快系のシャンプーを使っていました。

一瞬はすっきりするんです(でも頭皮ニキビが気になってかきむしった後のスッキリ爽快系シャンプーは激烈にしみますけども)。

でも、一向によくならない。でもきっと自分の脂性肌げ原因のはずだからこれでいい、とスカルプシャンプーを使い続けていました。

それが間違いだったみたいです。自分の場合は逆に乾燥肌だったらしく。

彼女に天然素材系のシャンプーを勧められたので、まあ一回くらいならいいかと使ってみたところなんだか調子がよくて。

アブラをとりさっていないのにどういうことだという疑問がでてから、自分はもしかしたら乾燥肌なのかもと思いいたりました。

逆に頭皮に化粧水をつけてみて保湿するようにしたほうが自分の頭皮ニキビにはきくみたいです。目からウロコでした。

「ベンジャミン・バトン」の中の介護の映画レビュー

ベンジャミン・バトンは老人の姿で生まれ、成長と共にどんどん若返っていくというある男性の物語。生まれたばかりの姿はまるでしわくちゃの年寄りで、母親はショックで死んでしまう。

10代では70代位に、30代から40代位では年相応の姿で結婚して子供も授かるが、どんどん若返って行く見た目にパートナーとの別れを決心し、姿を消す。

次に現れた時は10代の少年の姿だったが、認知症の症状が進んでいて、反抗期の少年のようにしか見えない。

中身は老人であってもどんどん幼くなっていくその外見に、認知症がもたらす奇想天外な言動に手を焼きながらも、介護者は愛情を注いでいく。

最期は赤ん坊の姿になって介護者に抱かれて息を引き取るベンジャミンと、現実世界で介護を必要としているお年寄りたちは中身は一緒なのだ。

「ベンジャミン・バトン数奇な人生」は、見た目はなくその内面を見抜いた人々とベンジャミンが交流していく。

現代の介護の現場では、お年寄りの外見に愛らしさを感じる事は難しいかもしれないが、しかし考えてみれば老化とはベンジャミンが辿った最後の数年間のように、赤ん坊の成長を逆回しにしたようなものだ。

老化の道程をその人が赤ん坊に還っていくものなのだと思えば、愛らしい幼児の頃の姿が想像できるかもしれない。

そうすればその老人も、かつては一人の赤ん坊だったのだと思い至ることが出来る。介護の現場では、そんな想像力も必要だと、「ベンジャミン・バトン」は教えてくれているのかもしれない。